2013/12/20 ボルトと桐生 (Vol.2)

(水上 wrote)

・・・昨日の続き

対談の後半2人は、今春桐生が10.01を出した時の映像を見ました。

そしてボルトは、競技後半部分での桐生のフォームの乱れを指摘しました。

実はこのフォームの乱れの話は、当初から多くの陸上関係者が指摘しているので、僕は 「ボルトも同じ事言ってる」 程度に感じたんですが、その後でボルトが語った内容に唸ってしまいました。

「ラストの部分で、桐生はトップ・スピードで走っている自分のスピードを、さらに上げようともがきながら走っているように見えるが、それは間違っている。トップ・スピード自体は、いくら頑張ってもそれ以上早くはならない。なので、一旦トップ・スピードになったら、最後までそのスピードで走り切ることを考えないといけない。」

全く正確ではないかも知れませんが、ボルトはこんな事を語ったんです。

目から鱗でした。

ボルトの走りを見ていると、後半グングン加速しているように見えますよね。他の選手との差がどんどん開くので、あたかもボルトが加速してるように思い込んでいましたが、実はそうではなく、他の選手が失速してるってことになるんです。

僕は、トップアスリートの場合はスタート時が一番遅くてゴール時が一番早いんだと思い込んでいましたが、実はスピードがピークに達した後はその速度以上では走れていない、むしろゴール時は遅くなっているんです。

ボルトの場合、もちろんトップ・スピード自体も早いんでしょうが、ある意味持久力がありリラックスして後半を走れるんでしょう。だから、前のオリンピックの時みたいに、最後に横向きになっても案外スピードは落ちてないのかも知れませんね。

で、この話を自分に置き換えたんです。

僕は、大きな業績を上げている人に憧れ、少しでも追いつこうとして、闇雲に自分のトップ・スピードを上げる事ばかりを考え続けてきたんじゃないだろうか ?

トップ・スピードで走り続けられる時間というものを全く考慮せず、短期的にあれこれ無理をして、逆にすぐ失速してるんじゃないだろうか ?

100メートル競争って、単なる短距離だと思っていました。世界一駆けっこの速い人を選ぶ競技だと。でも、100メートルはただの短距離競技にあらずでした。

短距離の奥深さを知りました。
人生について教えられました。
そして、ますますボルトファンになりました。


人気ブログランキングへ  ← クリック、プ “リース”

2013/12/19 ボルトと桐生 (Vol.1)

(水上 wrote)

夜、テレビのチャンネルを切り替えていたら、ニュース番組の企画で、あのウサイン・ボルトと10.01高校生桐生祥秀君の対談をやっていました。ご覧になった方も、多いと思います。

見始めたのが途中からだったので、前半部分でどんな話があったかは分からないんですが、桐生の若者らしい 「青い」 質問に対して、真摯に答えているボルトの姿が大変印象的で、レース前に 「お茶らけた」 感じのポーズをとってる軽いイメージとは全く違う、ボルトの裏側にある真面目な一面を見たように感じました。

それは、老成した人生の達成者が前途有望な若者を諭すような感じだったんですが、ボルトにはまだ若い異国の青年桐生に対しても、同等の人間同士として認め合う姿勢があったんです。

一方の桐生は、憧れのスーパースターを前に緊張感ありありでしたが、それをフワッと包み込むような雰囲気で、本物の器の大きさを感じました。

今まで、スポーツ選手同士の対談なんかで、ベテランと新人もしくは引退した大選手と若手なんてのを数多く見て来ましたが、僕は上の人がこれほどの包容力で語るのを見た事がありません。

成功談をベラベラ語ったり、持論を誇らしげに語ったりするケースが多くて、それはそれで良かったりするんですが、やはり今回のボルトとは比較にならない感じです。

ボルトは、発展途上の桐生に対して、焦るな・経験を積め・楽しめ、そしてもう1つ凄く貴重なアドバイスをしていました。

その1つが、僕にとっても大変勉強になったんですが、時間が無くなりましたので、この後はまた明日書かせてもらいます。

続く


人気ブログランキングへ  ← クリック、プ “リース”

2013/12/18 懲役15年

(水上 wrote)

AIJ投資顧問による年金詐欺事件で、東京地裁が主犯の同社元社長浅川和彦被告に 「検察の求刑通り」「懲役15年」 の判決を言い渡しました。

刑法とかにはほとんど知識がありませんので、素人感覚だと断った上ですが、僕は最近の裁判における懲役判決の大部分に対して 「軽いなぁ」 と感じて来ました。

特に、殺人とか危険運転致死とかの判決に対して軽いと感じる事が多くて、殺人で懲役10年程度だとか、泥酔・しかもひき逃げなんて悪質な危険運転での死亡事故 (事件) でもそれなりの期間だったりして、「これじゃ被害者のご遺族も納得しないだろう」 と思わされることが多かったんです。

加えて、求刑より幾分か短くした判決が言い渡されるので、「何でわざわざそうするの?」 と毎回疑問だったりしたんですよね。

で、今回の裁判が始まった時も、「どうせこいつらは、最後は捕まることを想定して詐欺をやってる確信犯で、3年ほど臭い飯を食って、出てきたら隠してあるお金を掘り返して使ってやろう、なんて思ってるに違いない」 なんて考えてたんです。

しょせん詐欺なんて、その程度の懲役にしかならないんだろうと・・・

今日テレビのニュースで 「懲役15年」 って聞いた時、最初は聞き間違いかと思って画面を見直したぐらいですが、間違いないと知って、思わず  「よし!」 なんて声を上げてしまいました。

まだ地裁ですし、当然のように即刻控訴しているので、最終決着までにはまだまだ時間が掛かるんでしょう。

でも、最初は認めていた罪を、途中から 「騙すつもりはなかった」「私は無罪」 などと言い換えた腐った被告の刑を、よもや軽くすることないようお願いしたいです。

P.S.
過激なことを書きましたが、これは金融関係に携わる者全ての感覚だと思います。

我々は、厳しい法規制の下で動いています。重箱の隅を突くようだと表現する人も多い詳細な規制ですが、我々は非効率でがんじ搦めだと感じながらも、遵守しようと日々懸命に努力しています。

一方で、最初から全く守る気が無く、嘘の利回りや運用成績を謳った者が巨額の資金を集め、多くの被害者が出た段階でようやく摘発される・・・

そして、軽い刑を済ませて社会復帰し、また同じような事件を起こすとしたら、我慢ならないんです。

もちろん、被害者の方々のほうが我慢ならないと思いますが・・・


人気ブログランキングへ  ← クリック、プ “リース”

2013/12/17 1票の格差

(水上 wrote)

7月の参議院選挙における 「違憲」 判決が続いています。

1票の格差が最大で4.77倍あった事が違憲の根拠で、「著しい不平等状態」 なんだそうです。

「ふ〜ん」 って感じです。

そもそも福井なんか県で1人しか選ばないんですから、これ以上減らし様がありませんし、福井に限らず全国最下位の鳥取まで同じ状況です。

なので、もし今のまま全体を減らすって事を考えるのなら、3年置きに1名ずつ選んでいるのを6年で1名にするしかないって事になります。

でも6年に1度って、あまりに長くてピンと来ません。

で、今のままの制度で倍率だけ是正しようとすると、多いところをさらに増やすしかないという逆説的な発想になってしまいます (笑)。

参議院は比例代表だけにする・・・とか
この際、参議院に限り納税額の多い人から選ぶ・・・とか (案外面白い)
そもそも論で、参議院は必要か・・・とか

全く違う発想をすべきだと思います (参議院だけじゃないんですけどね)。

さて話は少し変わって、皆さん、高校野球の全国大会 (甲子園)を思い出して下さい。

春は地区ごとに枠の数を決めて主催者側が選抜しますが、夏は1県1校 (北海道、東京、大阪のみ2校) のトーナメント方式です。

で、この夏の大会に限って言うと、出場校が30程度の福井と、最大の190校ほどある神奈川では、6倍以上のいわゆる 「違憲」 状態なんですよね。

でも、今のところ誰も裁判起こさない・・・(たぶん)

で、もしこれが不満なら、目端の利く子は (親は) 越境という奥の手を使う・・・

なんて図式になっています。

僕は思うんです。

この高校野球を見習って、票数少なく当選したい人はそんな県から出ればいいし、一方で投票する側でも、票の重みを考える人は、より票の重い県に引っ越せばいいんじゃないかと。

そう、選挙に関心のある皆さま、福井へ来なさ〜い!
1票、相当重いよ〜!!

P.S.
と、こんな風にツラツラ考えてくると、選挙制度改革における格差是正の違憲裁判って、ちょっと論点が浅いように感じるんです。

もっともっと大ナタを振るわないと、いけんように感じます。

こんな意見、いけんかい? (急に土佐弁)


人気ブログランキングへ  ← クリック、プ “リース”

2013/12/16 JKお散歩

(水上 wrote)

先週の東京出張での目的地は、あの 「秋葉原」 でした。

ある保険会社の代理店会の会議があり、福井県を代表して参加したんです。

で、この様な会議の場合、折角久しぶりで顔を合わせたんだからと言って、懇親会が開催されますよね。当日も、そんな宴会が行われました。

その宴会終了後、北信越から参加の仲間数名と秋葉原の街に出ます。

秋葉原・・・

以前ならずばり電気街って言ったんでしょうが、今はAKBに代表される 萌え系? 秋元系? 何と言っていいのか分かりませんが、そんな街になっているはずです。

でも、平日だったせいか、歩いた場所がそんなメイン・スポットから外れていたのか、サラリーマンばかりの目立つごく普通の街だと感じました。

我々40〜50代のオッサン4名は、話のネタになるからとフィギュアショップをひやかし (約1名は盛り上がっていたので放置)、その後ラーメンを食べてホテルへ帰る・・・

って、まぁいつもと全く変わり映えのしない街歩きだったんです。

北信越の田舎者が、花の都で上京お散歩・・・

略して、「JKお散歩」 なのでありました。

摘発もなく、めでたしめでたし (笑)。


人気ブログランキングへ  ← クリック、プ “リース”

2013/12/15 脱北陸・・・か?

(水上 wrote)

「北陸地方、大雪に注意〜」

ここ数日、天気予報で連呼されているフレーズです。

で、我が福井県越前市は、間違いなく北陸に位置するまちです。

・・・が、

ここ数日みぞれが降った程度ですし、さらに降ると言われている明日にかけても、本格的な雪にはなりそうもありません。

今日は滋賀県からお客様があり、お車移動なので大変心配されたようですが、あまりの雪に無さに、逆に少し拍子抜けしておられるような感じでした。

最近ちょくちょく感じるんですが、福井県って今 「脱北陸状態」 なのかも知れません。

テレビの天気予報では、北陸に新潟を入れているような感じで、しかもその新潟を北陸の中心に置いたような予想を発表していますし、再来年金沢までが開通する新幹線も、福井県には1歩も踏み込まないうちから、「北陸」 を名乗る予定です。

僕に言わせれば、「北陸」 は福井・石川・富山のみをさし、新潟は北陸に長野を加えた 「北信越」の1つの県だと思ってきましたし、その北陸3県は基本的に仲良しで、三位一体だと信じてきました。

なので、天気予報はこの3県のみの予想で 「北陸」 を語って欲しいですし、金沢まで来る新幹線も、十数年後に福井に入るまでは 「北陸は一体なので、福井に到達するまでは、北北陸新幹線 (きたほくりく、読みにくいですが)にしておきます」 なんて言って欲しい感じなんです。 

「このままだと、北陸見限って滋賀とか京都になびくぞ〜」

まぁ、向こうがどう応じてくれるかは 「?」 ですが (笑)。


人気ブログランキングへ ← ここはケーキ良くワンクリック〜!

2013/12/14 大反省

(水上 wrote)

先日、お子様お2人を含めたご家族全員で生命保険のご相談にお見えになった、30代のお客様がおられました。

1時間半ほどのやや長めのご相談になりましたが、生命保険の基本説明からご提案まで色々お話しさせていただけて、FPとしては良い内容だったのではないかと、僕的には満足しました。

ただ・・・

弊社は一応来店型にはなってますが、お子様連れに対応しているとは言えないもので、途中から子ども達が退屈されたみたいで、その点は申し訳なかったと感じました。

お客様の方では塗り絵なんかをご持参されていましたし、こちらもお菓子をお出ししたりして過ごしてもらったんですが、やはりかなりの長時間で、途中からは弊社に置いてある保険会社の大きなぬいぐるみに乗って遊びだされて、落ちてケガをしないかと少しハラハラしました。

で、改めてそれなりの準備が必要だと感じたんです。

最近増えている来店型のショップなどでは、お遊戯スペースを確保していたり、ビデオを見られるようになっていたりします。

そもそも個人分野の生命保険の相談は、お子様が小さい時というケースが多いわけですから、そのお子様をお連れになるケースがあって当たり前で、当然の準備と言えるのに弊社はそれをずっと怠っていたわけです。

店の広さの問題もあるので、充分な事は出来ないかも知れませんが、せめてパソコンでアニメをお見せするとか、絵本を用意するぐらいのことはどこでも出来ます。

まずそこから始めようと、改めて大反省した次第です。


人気ブログランキングへ   ← ここはケーキ良くワンクリック〜!

2013/12/13 写真のアップ

(水上 wrote)

世の中忘年会シーズン真っ盛りで、僕も11月後半から週一ぐらいのペースで参加してる感じです。

他に忘年会と称さない宴席 (公務が多い) もあったりするもので、それも入れると週二ぐらい飲んでる計算になりますが、時々フェースブックで自分の飲んでる姿の写真を発見して、不意打ちを食らって驚くことがあります。

いつの間に・・・?

僕は、自分の飲んでる時の顔が嫌いです。

元々タレ目で普通にしてても笑ってる顔だって言われるんですが、飲むとますます間延びした感じになって、全く良いところがないんです。

しかもスナップ的に撮られているので油断100%だし、赤ら顔がさらに変な色になってるのも嫌・・・(涙)

出来れば、颯爽と仕事をしていたり、セミナーで知的な顔で話してるところなんかを撮って、アップしていただけると嬉しかったりします。

まぁ、何枚撮っても、そう見えるショットはまず無いと思いますけど (笑)。


人気ブログランキングへ  ← ここはケーキ良くワンクリック〜!

2013/12/11 座高

(水上 wrote)

10日の日経新聞1面コラム 「春秋」 に、「座高」 の事が書かれていました。

身長・体重と共に学校ではずっと計られ続けている座高ですが、実はこの数字には発育上何の意味も無いんですって。

おいおい、って感じです。

戦前は 「胴が長い = 内臓が丈夫」 って発想があり、兵隊に向いているかどうかの指標として座高を測定し始めたそうで、って事は、この時代は座高の高い方が良かったんだろうと思います。

その後座高を測る目的は、こじつけで 「机や椅子の高さ調整」 に移っていったそうですが、平均を出したところで、個々人の椅子や机がピッタリ合う事には繋がりませんし、そもそも日々成長する時期の子ども達に、日々合わせるなんて不可能です。

結局、座高は慣例で計られ続ける数字に成り下がったんです。

でも・・・

この座高、僕らの時代には 「足の長さ」 を逆算するための数字という若者には大変大きな意味を持ち始め、そして僕の最も嫌う数字になったんです。

僕と座高は、「3桁」 を見据えた戦いでした。

自己最高の数字は98.5僂世辰燭鵑任垢、これが大台100を越えるかも知れないという恐怖との戦いは、分かる人にしか分からないと思います。

特に高校時代は、野球をやっていて尻や太ももも太かったので、そのハンデも加えて恐らく100ぐらいあったんだと思います。

でも、測定台に浅く座るとか、少しでも猫背にするとか、首をすくめるとか・・・

身長を計る時とは全く逆のアクションで、時が過ぎるのをひたすら待とうとし、計ってる先生に何度注意されても、頑なに抵抗した昔を思い出します。

その努力の結果においてさえ、

179.5 − 98.5 = 81.0 ・・・

この比率・・・涙。

数字を見た同級生から 「座高一」 とか ストレートに 「胴」 なんて呼ばれ、見た目はともかく 「あぁこの測定さえ無ければ」 と思い続けた 「座高」・・・

それに、全く意味が無いだと〜! 

じぇじぇじぇならぬ怒・怒・怒です。

青春を返せ〜!!

って、怒り過ぎ ? (笑)


人気ブログランキングへ ← ここはケーキ良くワンクリック〜!

2013/12/10 賢くなろう

(水上 wrote)

「夜寝る前に飲むだけで、痩せる〜」

なんて言って、ある野菜のエキスが大々的に売られていましたが、実は全く効果が無いというニュースが、先日流れました。

販売元は、「今回の件を厳粛に受け止め、再発防止に注意する」 なんてコメントを出していますが、いまだにホームページも堂々と出てるし、どうなんでしょうって感じです。

今世の中にはコンプライアンスという言葉が満ちあふれ、どの業種でも遵守すべきものとして日々努力しています。

でも、一方では全く別の世界があり、そもそも守る気は全く無く、告発されるまで突っ走って、稼げるだけ稼いでしまおうって輩もいます。

で、こんな奴らってのが始末が悪くて、一定の被害が出るまで取り締まる事すら出来ない・・・

善良な一般市民の皆様、結局今回の問題って、騙されない様にもっと「リコピン」になれ〜、って忠告だったような気がしませんか?

PS
今日のネタ、まあまあ上手いって言って(笑)。


人気ブログランキングへ ← ここはケーキ良くワンクリック〜!

管理者 水上大哉
グラン師匠&助手ジュッテ
    

3名の執筆陣 
  CFP(R)認定者 水上大哉
 犬好き・パン好き かよさん
 大阪生まれ かなえちゃん

ご意見・ご質問はコチラへ

カテゴリー
最近の記事
               


最近のコメント


リンク
過去の記事
このブログの検索
others
mobile
qrcode