2012/8/31 外へ外へ

(水上 wrote)

月末の 「野菜831の日」、午前午後と2件の製造業のお客様を訪問しました。

その午後のお客様のところで、社長の大好きなゴルフのお話しになり、僕も 「先日、5年ぶりぐらいでバーディーを取りました〜」 なんて 「下手くその自慢 ?」 をさせていただいて大いに盛り上がったんですが、

その社長がポツリ・・・

「忙しい中を、時間をやり繰りして行ったゴルフが楽しかった」

なんて事を仰るんです。

この社長はもうすぐ70才、ベストスコアは73で、始めて1年でハーフ39を出したってほどゴルフがお上手なんですが、若い頃忙しくてフラフラになりながらも毎日練習に行き、営業にかこつけてラウンドしていた頃の方が、ユッタリ行ける今よりゴルフ自体が楽しかったし、仕事も余計に出来ていた、って仰るんです。

それに、たとえ仕事上で不手際があって落ち込んでいても、ゴルフをやって、メンバーと飲んで話してるうちに、何くそと仕事にもやる気が出てきて、だんだん循環が良くなって・・・

妙に心に沁みました。

僕は、最近仕事が上手く行かなくて、今の減収分は経費を減らして補おう・・・なんて考えていたんです。で、この経費削減の方法として 「取りあえず出歩く回数を減らす」 でやろうとしている僕に、それを知ってか知らずか 「逆だよ」 と諭してくれたような気がしたんです。

後ろ向きなマインドからは、良い仕事は生まれません。仕事に波は付きものと割り切って、どうせゼロから始めた仕事なんだから、今あるお客様が全部無くなっても候 (そうろう)、攻める気持ちを思い起こすべきだと大いに反省させられました。

色々な方にお会いして、色々とお話しさせていただく。営業は人に会ってこそ 「なんぼ」 の世界、お酒もゴルフも会合もドンドンやってこそ、仕事にも元気が出る・・・

外へ外へ!!

← この花火、1日1回打ち上げてくれると嬉しいです!

実家からのあれ!

昨日の『お花』つながりで

以前 実家から何のお花のか分からずに貰ってきた苗☆ポチ!

あれから すくすく育って こうなりました



“アスター” というお花でした



我が家で蕾をつけはじめた頃(8月の始め)に
実家の母から電話がかかってきました

お花咲いたか?

まだ咲かんよ  まだ蕾

あれぇ お墓に供える花やったわ

・・・

ちょっと がっかりしたグランマでしたが









今は 一番きれいな時期を過ぎちゃいましたけど
こんなに 咲いてくれてます

なんだか分からずに育ててみるのも
わくわく感があって おもしろかったな



お墓には飾りませんでした



伊豆旅行

アウトレットを出てから
Hおねぇのナビでは 駐車場から右に出る
だったんだけど
グランパは 道路標識に従って取り敢えず左へ

これが 間違いだった…たぶん…

素直にUターンすればいいものをしないから
車のナビは新しい道を検索したの

それにしたがって行ったわけさ

何といいますか
ものすごく ぐねぐねの山道を行かされるんです

そのうち ガスってきて
雲の中にいるみたいに前が見えない

有料道路を3つ抜けました

ガスってなければ きっと景色のいい所だったんだと思います

しか〜〜〜し なぁ〜んも見えね

そんな道を行きますから
Hおねぇとグランマは死にました(泣)))


たぶん…時間もお金もたくさん使って
ヘロヘロになって ようやく目的のビスキーハウスに到着したんだと思います

これって いい思い出ってやつですか

  ポチッとな よろしくです

2012/8/30 8月・・・

(水上 wrote)

もうすぐ8月が終わります。

我々保険代理店、特に損害保険 (自動車保険や火災保険等) も取り扱っている保険屋さんの仕事は、世間様同様2月とこの8月は 「いくぶん暇な月」 という位置付けでした。

数年前までは・・・

でも、保険会社が 「早期更改」 の名の下に、契約の満期切り替えを 「満期日の1ヶ月前まで」 に行うように厳しく指導してくる関係で、状況が変わってきました。

通常3・9月は、期の変わり目で契約件数が多くなるんですが、その契約手続きを1ヶ月前の2・8月中に行う必要が出てきたんです。

2月は元々日数が少ない月ですし、8月にはお盆があります。お客様がそんなノンビリムードになっているところに、忙し気に焦った顔を出す無粋。

当然、色々な弊害が出てくるわけです。

さてさて、この事とは直接関係ないんですが、このお盆明けはいわゆる 「悪い話」 のオンパレードで、減収減収の嵐になってしまいました。

前々から予感のしていた話なので、1つ目はやっぱり、2つ目もやっぱりなんですが、一緒に来てしまうとショックは隠せません。

でも・・・ものは考えようです。

確かに実入りが減った事は涙涙なんですが、その分今後は 「その仕事に掛かっていた時間を、他へ振り向けられる」 とも考えられますよね。

常々、段取りの悪い自分を棚に上げては 「時間が無い〜」 と叫んでいた僕なので、この悪い状況も何とか前向きに捉えて、出来た時間で新しいお客様・新しいご契約を求めて頑張っていこうと思っています。

PS
この1週間かなり落ち込みましたが、この文章を書き終えて相当回復しました〜!

 ← この花火、1日1回打ち上げてくれると嬉しいです!

砂漠のバラ

26日の日曜日
Hおねぇと 種蒔きをしました 

“砂漠のバラ”の種です

ハンドブックを見ると 1週間くらいで芽が出るって

Hおねぇは3つの鉢を持って帰りました
1つは、Aおねぇの分です
(土曜日に持って行くってよ

グランマのところには 5鉢残りました



毎日 わくわくで 覗きこんでました
が、1週間ですから そう簡単に出てくるわけがありません

27日 28日 29日
まぁ〜 当たり前に なんの変化もありません
まだ4日ですもん

それなのに 昨日 Hおねぇから
がでたぁ〜 って写メが・・・
良くは見えませんが 出てきたようです

。。。

グランマの鉢には変化なし


昨夜から 何度覗いたことでしょう

 ジ〜〜〜ツ
   
。。。



お昼に2階にあがって 覗きました

ありますがな 
出てきてます



見えます 見えます  





これから どんどん 出てくるはず 

全部出てくると 12芽 


お花が咲くのはいつになるのか分かんないけど
楽しみだなぁ〜   
 
これから ちょこちょこ 登場するかもです





伊豆旅行

初日は ビスキーに向かうだけじゃ なんだかなぁ〜
ってことで
御殿場のアウトレットモールに寄ることに


限られた時間で買い物をするってのは
かなり危ない

吟味している余裕が無い

気に入ったら 即ご購入

4人 それぞれ そこそこお気に入りをゲットして終了


いざ ビスキーハウス

ここからが 大変だったの

まだ 続くよん

 ポチッとな よろしくです

2012/8/29 国技 (その2)

(水上 wrote)

先週末の話ですが、偶然2つの相撲番組を目にしました。

1つ目は中学生の日本選手権で、決勝戦では相撲の盛んな石川県の子同士が戦い、中学生横綱が決まりました。

この試合後、勝った子が土俵上で大きなガッツポーズした事を、審判に厳しく注意される場面があり、「あぁ、相撲の美しい部分を守ろうとしている」 と大変頼もしく感じました。

戦った者同士でもその勝負が終われば 「ノーサイド」、最近は大相撲でも勝者が大喜びする姿が見られるようになり、相撲通をガッカリさせていますが、これこそ相撲本来のあるべき姿だと思いました。

2つ目は、ヨーロッパの相撲事情を紹介したもので、クロアチアの相撲道場の様子や、体重別で戦うヨーロッパ相撲選手権での有望選手の戦いぶりなどを映し出していました。

この取材には音羽山親方 (元大関貴ノ浪) がレポーターとして同行していたんですが、真剣に相撲を学ぼうとする若者たちの姿に、驚きと喜びを感じている様子がヒシヒシと伝わってきました。

ヨーロッパでは、レスリングと相撲を掛け持ちする選手が多いようですが、選手から 「武道を志すものとして、ポイント制でなく勝敗が分かりやすい相撲に魅力を感じる」 なんていうコメントが聞けたりして、ちょっと涙です。
 
それに、いわゆる 「あんこ」 じゃなくて 「そっぷ」 型の力士同士が戦っている姿を見ていると、子どもの頃好きだった明武谷や若浪なんかが思い出されて、僕も思わず見入ってしまいました。

それにしても、「お尻」 を出して戦う相撲が、これほどワールドワイドになっているとは 「知り」 ませんでした (笑)。ヨーロッパの競技人口は最近急激に増えていて、しかも国家として支援している国もあったりして、今後に期待を持たせてくれます。

しかし・・・

今、相撲界の頂点である 「大相撲」 は、海外力士の入門数を規制している状態です。

これは 「国技」 として強い日本人力士 (特に、日本人横綱) を待望する思いから来ているようですが、もしかしたら間違っているのではないかと感じました。

相撲は、世界中の誰が見ても素晴らしい武道であり、スポーツなんです。
相撲は、世界中の誰が見ても面白い競技なんです。
そして、日本にも頼もしい横綱候補の少年が一杯いるんです。

今、人気低迷が言われている大相撲ですが、やりようによってはバラ色の未来が待っている気がしてなりません。

海外力士、まとめて受けて立とうじゃないですか。
そうして、相撲を 「国技の星」にしていきましょう。

← この花火、1日1回打ち上げてくれると嬉しいです!

2012/8/28 国技 (その1)

(水上 wrote)

柔道は、日本の国技・・・と言われています。

同じように、テッコンドーは韓国 (朝鮮?) の国技・・・のはずです。

でも、ロンドンオリンピックにおいて、両競技の 「母国」 の成績は今一つパッとしないものでした。競技ごとのメダル獲得状況表をぜひご覧になってみて下さい。

さて、これは息子さんが柔道をやっている知人に先日聞いた数字なんですが、

我が国の柔道人口  約20万人
フランスの柔道人口 約80万人
ブラジルの柔道人口 約200万人

なんだそうです。

皆さん、これでも柔道を日本の国技と言えるでしょうか?

ここからは僕の想像なんですが、きっと朝鮮両国でも、テッコンドウは知名度は高いが人気は無いんだと思います。オリンピックになれば騒がれるだけで、結局子どもたちはサッカーや野球やバレーやゴルフなんかをやっている。

華やかで、騒がれやすくて、将来食べられる可能性のあるスポーツ・・・

我が国では、今年から柔道が学校の正課に組み込まれたそうですね。
そして、その事で色々な波紋が起きているように聞いています。

痛い、ケガの可能性が高い、臭い、とまあ嫌な理由は色々あるんでしょうが、自分たちがそんな事を考えているくせに、柔道を国技と言い、オリンピックでは金メダル独占を目指すなんて・・・無理があると思います。

これ、批判してるんじゃないんです。僕は中高の授業が剣道だったので、柔道は全くの未経験の人なんです。そんな僕が批判出来るはずもありません。

ただ、柔道は日本発祥のスポーツではあるけど、今や国技ではないと感じていると言いたいんです。そして、これは日本だけでなく、案外他の国でも同様に起こっているかも知れない現象だと言いたいんです。

PS
明日は相撲の事を書きたいと思います。

← この花火、1日1回打ち上げてくれると嬉しいです!

お気に入りの場所 ?

まだまだリハビリ中のグランマです


グラン地方 もう何日も雨も降らず 暑い日が続いております

当然、お部屋の中もお暑うございます

ある程度まではエアコン我慢します
その我慢している間のグランのお気に入りの場所

まず、朝日でひなたぼっこ
わざわざ 陽だまりに行って



既に、かなり暑いんですよ
ですが、取り敢えず光合成()をします
暑いのに…
なぜ

その後、ウロウロして落ち着くのは



ソファーの下の角っこ

ジュッテは、ソファーの上のひえひえマットで ゆったりと
(なんか 間違ってる気がする…



グランは、こんな感じで寝ております

この上下関係…良いんでしょうか


これが 最近のグランのお気に入りの場所みたいです
なぜ
 
 



では、伊豆旅行に参ります

グランマ 伊豆に行きたかったわけではありません

どうしても行きたかったのは ビスキーハウス でした

でも

伊豆は遠いし・・・
家族の予定も分かんないし・・・
お財布の中も寂しいし・・・(これが一番か??)

で 行きたい行きたい と言いながらも
諦めてたんですよね

そしたら
Aおねぇが
「行こうよ!」
軽く 言ってくれちゃいました

Hおねぇも お盆の後半ならなんとか行けるかも

だったら、グランのお誕生日ってどうよ

金曜日だから お仕事は…

まぁ〜 予約いっぱいでダメだろう モードで予約を入れたら



とれちゃった 


Aおねぇの軽い言葉に 軽〜〜く乗っちゃって取れちゃった予約


グランパにご報告せねば…
完璧 事後報告

「あのぉ〜 事務所のお盆のお休みっていつ取る?」
「ビスキーハウスっていう ワンコと一緒に泊まれるところの予約取れちゃったんだけど。」
「16日」

「16日って 1泊だけ?」

「うん」

「伊豆に1泊って 何しにいくの?」

「ビスキーハウスに行くの」

「・・・?」

ビスキーに行く事しか考えていなかったグランマですから
行けるだけで大満足だったのですが
今思うと ハードなだけの お疲れドライブ旅行で終わってましたね

そんなこんなで
ビスキーハウスに 連泊の 伊豆旅行が決定 ワ~~~イ



いよいよ 16日当日

朝4時前に起きだして おねぇ達を起こして 準備 準備
オリンピックで朝の早起きはお手のもの (…でも眠いんですけど

6時までに高速に乗る の目標を達成し

いざ 伊豆



運転担当の グランパとHおねぇ 

後部座席では



さぁ〜 しっかり運転してくだしゃい! とグラン
グランマのお膝で しっかり前を向いて チカラ入ってます(笑)

で ジュッテは といいますと



Aおねぇに抱っこされて やや緊張の様子


伊豆へ向かう = 富士山
 
雄大な富士山を眺めるのも 楽しみの一つ

だったのですが・・・



。 。 。

残念…    でした





こんな風に 進むと いったいいつまで伊豆旅行は続くのでしょうか
のんびり 思い出しながら アップしていきますので 
お付き合いください


  ポチッとな よろしくです
 

2012/8/27 すげ〜!!

(水上 wrote)

暑い暑い夏のゴルフ場でも、明らかに 「かぶって」 ラウンドしてる人がいます。

帽子ですか?

いえいえ、カツラです。

昼食時にレストランで見つけても 「おぉ、ご苦労様」 って思いますが、ラウンド後のお風呂場では、洗うかどうかやセットの仕方が気になって (洗ってるのは見た事ありません)、同じ仲間でもないのに、どうしてもチラ見してしまいます。

と、偉そうに書いていますが、今僕の頭がかなりの勢いで薄くなっています。

元々毛が細くて薄い感じだったんですが、50才を過ぎてますます毛に力が無くなり、最近はどうセットしても地肌が見える状態になってきています。

悲しいですが現実です。

でも、汗かいた頭を洗わないでいるのは無理なので、恐らく 「かぶる」 事はないだろうと予想してます。

さて、そんな風に髪の毛を気にしている僕は、最近面と向かって話してる相手の人の 「上目線」 が結構痛いんです。

何の気なしに僕の 「目より上」 に視線が行っただけなんでしょうが、「こいつ、今薄いって思った」 なんて感じてしまって・・・

で逆に、僕より先を走っておられる人と向かい合った時には、以前にも増して目のやり場が無くなってしまって・・・、その方はさほど気にしてないでしょうに、こちらが萎縮してしまう感じ、とほほ。

まだ、自分の薄毛を 「う〜! すげ〜!!」 なんて言えるほど達観出来ていない52才は、今日もまた効きもしない 「リ・○ップ」 を朝晩2度欠かさず塗り込みながら、せめても現状維持をと、淡い期待を寄せる小心なオヤジなのであります。

← この花火、1日1回打ち上げてくれると嬉しいです!

2012/8/26 熱く (暑く) 燃えた夏

(水上 wrote)

お盆も過ぎたのに、毎日毎日暑い日が続いております。

実は我が家の人たちは、数日前まで 「ここまで暑くなるとエアコンの効きが劇的に悪くなる」 と思い込んでいたんです。7月中旬ぐらいから、リビングだけエアコンを掛けても掛けても部屋が涼しくならなかったんですが、それを 「今年の夏の暑さは異常だから」 で片付けていたんです。

我が家は元々倉庫だった鉄骨の建物を改装しているので、2階と陸屋根の間に遊びが無くて、2階部分全体が夏暑く・冬寒い 「嬉し〜い (涙)」 造りなんです。で、それにも係わらず、約25畳のリビングに、少し能力の足りないエアコンを付けたもので、この暑さに負けてここだけ冷えないんだと思ってたんです。

でも・・・それにしても、あまりにも効かない・・・?

ってことで、つい先日、ようやく業を煮やしてチェックして貰ったら・・・

答えは 「フィルターの目詰まり・・・」

何〜? 

我が家のエアコンは、自動でフィルター掃除をするタイプなので、やらなくて良いんじゃなかったの??

せっかく余計にお金払ったのに???

答えは、リビングのエアコンの場合、食事を作る時の油やそれ以外のホコリも多く飛ぶ関係で、やはり人による掃除が必要なんだそうです。

「お〜い、聞いてないよ〜!」

僕なんか、「今年はオリンピックで、自分の身体も熱く燃えてるから暑く感じるんだ」 なんて思い込もうとしてたんですから、まあ情けない。

しかも、すっかり目の詰まったフィルターは、電気代的にも悪影響が・・・

ってな訳で、ロンドン・オリンピックを夜な夜なリビングで鑑賞した2012年夏は、「熱い熱い夏」 もとい 「暑い暑い夏」 としてと長く記憶される事になりました。

良い思い出です(涙)。

PS
今は、大変涼しく過ごしております。

← この花火、1日1回打ち上げてくれると嬉しいです!

2012/8/25 最近の子ども

(水上 wrote)

本日午後、FP協会福井支部主催で小学生向けの事業を行いました。

「金融教育フォーラム」 という名前の事業名で、サブタイトルは 〜 学校では教えてくれない お金の使い方 〜 。内容的には、参加した16名の子どもたちを4班に分けて、ゲームで競わせながらお金の大切さを学んでもらうというものでした。

やっていて、僕らの子どもの時代に比べて、今の子は 「学びの機会」 が増えてるなぁって感じました。

にも係わらずですが、「最近の子どもは・・・」 的に経験不足や適応能力不足を言われたりしています。

確かに、僕らが子どもの頃と比較して、「子どもたちだけ」 で海や山へ行ったりとか、外で走り回ったりする経験は減っているのかも知れません。

でも、スポーツ少年団などを通して、特定の競技の深掘りをしたり、ゲームなどのお陰でIT機器の利用に関してのセンスを磨いたり、また今日のセミナーのような事業もあったりで、時代に即した経験はしているように感じるんです。

彼らの可能性を信じて、見守っていってやりたい・・・

そんなことを熟々考えたひとときでした。

← この花火、1日1回打ち上げてくれると嬉しいです!

管理者 水上大哉
グラン師匠&助手ジュッテ
    

3名の執筆陣 
  CFP(R)認定者 水上大哉
 犬好き・パン好き かよさん
 大阪生まれ かなえちゃん

ご意見・ご質問はコチラへ

カテゴリー
最近の記事
               


最近のコメント


リンク
過去の記事
このブログの検索
others
mobile
qrcode