2012/7/31 ルール

(水上 wrote)

審判の在り方に関して、何かと話題提供をしてくれる今回のオリンピックですが、体操男子団体においてまた 「大事件」 が起こりました。

1度決定した採点を、抗議によって覆す・・・。

最終演技が終わって一旦順位が確定した直後の抗議であり、しかもまさにメダルに関わっている選手 (チーム) の採点における 「やり直し」 だったので、結果が出た後のみならず1日たった今も審判団や日本チームへのブーイングが起こっているやに聞いています。

確かに、今回の抗議による採点の変更は大いにしらける結果であり、稚拙な審判団には大反省を促したいと思います。

しかし、抗議によって利を得た日本チームに対するブーイングは、筋違いも甚だしい愚行だと感じます。

スポーツにはルールがあります。逆に言うとルールがあるからスポーツです。

スポーツは、ただ単に運動神経のいい人が有利というものではなく、それぞれのルールに精通し、合理的に考える能力がなければ勝利を得られませんし、ハイレベルになればなる程、実は 「頭の戦い」 なんだと思います。

今回の抗議は、ルールに則った正式なものであり、この抗議がどのタイミングで出来るかを正しく把握していた日本のコーチ陣には拍手を贈るべきです。怪我人が出た中、見事な銀メダルだと言わせて貰います。

  ← この花火、1日1回打ち上げてくれると嬉しいです!

2012/7/30 日々の過ごし方

(水上 wrote)

オリンピックが始まり、
尋常じゃない暑さが続き、
もうすぐお盆で、
しかも、そもそも不景気で身動きが取れない。

とまぁ、言い訳には事欠かない日々です。

でも、言い訳していても腹は減ります。
エアコン切って我慢することも出来ません。
支払いは次々やってきます。
お盆には人並みに休みたいです。

だから・・・

今、働かないといけません。
体調に気を配りながら、モチベーションを上げなくてはいけません。
小さいことからコツコツやらないといけません。
将来の布石も忘れてはなりません。

当たり前ですね、寝不足ですけど・・・。

  ← この花火、1日1回打ち上げてくれると嬉しいです!

ゴーヤ出来ました〜!

 暑いです

暑くて暑くて・・・
エアコンもぜ〜んぜん効かな〜い


でも、この暑さのおかげで・・・
やっと、念願のゴーヤが出来はじめました〜

私と下の娘は大のゴーヤ好き
夏は毎日でも食べれるよ〜っていうくらい大好きです


でも・・・思ったより、出来が遅かったので、
この夏は、もう何度か買って食べていました

でも、やっと実がなり・・・





我慢我慢と待ちに待ち・・・


これくらいなら収穫してもいいかな

・・・・・と、思う大きさで


我慢できずに収穫しちゃいました〜






収穫したてのゴーヤは、ほどよい苦みで


超美味しかった〜

暑いのはイヤだけど・・・・
ゴーヤがた〜くさん育つために


我慢・・・我慢・・・






人気ブログランキングへ

2012/7/29 ルール

(水上 wrote)

今のところ日本の柔道勢が苦しんでいます。

男子は 「銀と銅」 でそれなりの成績とも言えますが、−48、−52Kgで金2個を目論んでいた女子は何とどちらもメダル無し、大誤算と言わざるを得ません。

色々要因はあるんでしょうが、積極性の無さと言うか、「柔道日本、負けられない」 という気持ちが、選手から積極性を奪っているように感じます。

海外選手は、格上の日本選手のそんな感情を逆手にとる感じでガンガン来ていて、それを受けてる間にアレヨアレヨ・・・とまあ、そんなところなんでしょう。

勝ち負けは時の運、明日以降の選手には、伸び伸びやってくれることを願っています。

ま〜あ、それにしてもオリンピック柔道、見ていて面白くないんですよね。

これって、日本が弱いからっていう単純な理由じゃなくて、強引な力技みたいなのが全盛で、柔道らしいキレイな技があまり見られないからかなぁって思うんです (ちょっと前の井上の内股とか、古賀の一本背負いみたいな感じの技です)。

で、その根底に何があるのかを考えてみました。

僕が見ていて、変だと思うのが延長戦の多さなんです。

通常、延長戦というのは 「異常事態」 であり、特別に起こるものです。でも、今大会を見ていると、試合の半分以上が延長戦になっているような感じなんです。

これは、そもそもルールに無理があることを現しているように僕には見えます。

現状、その改善法が見えている訳ではありません。で、そんな状態で書くのはおこがましいのですが、大半の選手が延長になることを前提にダラダラ戦い、その間 「有効」 なんていう中途半端な出来の技すら怖がり、上半身にだけ力を入れて 「攻めている姿勢」 をアピールして相手の指導を狙う・・・。

しっかり組んで、キレイに投げたり投げられたりするのが柔道だって思うけど・・・?

点が入らないスポーツの代名詞サッカーでも、試合の半分以上が0−0で、延長PK戦ばかりで結果が出るとしたらこんなに人気は出ないはずです。

これぞサッカーと言える美しいゴールシーンと同様に、柔よく剛を制す感じの下半身を上手に使った美しい投げ技が出やすくなるようなルール作りを望みます。

  ← この花火、1日1回打ち上げてくれると嬉しいです!

2012/7/28 お問い合わせ

(水上 wrote)

弊社は、生命保険・損害保険両方を扱う代理店で、取り扱い保険会社は10社、共済商品を合わせると13社の商品を斡旋しています。

人員の割には取扱会社が多くて、当然商品の勉強に追われる毎日なんですが、税金関係とか金融情勢のみならず、他社商品に関しても色々知る必要があるので、取り扱いが多くても少なくても、結局日々勉強という点では同じかなぁ、なんても思います。

また、この 「仕事上の勉強」 については、ただ漫然と文章を読んだり講習会に参加したりしても 「使える知識」 にはならなくて、実際お客様にお見積もりを作ったり、お会いしてご質問を受けたりすることで、真の知識になるって感じています。

さて、実はここ数ヶ月お客様からの 「少し特殊な契約」 のご相談が続いています。

これまで僕がほとんど取り扱ったことのない商品や契約手法に関するご相談が続いていまして、保険会社に細部を問い合わせたり、約款を読んだり、ネットで情報検索したりあれこれやっています。

これが、大変勉強になります。

もちろん全部が全部 「お問い合わせ」 → 「契約」 となるわけではありません。むしろ、そうならないケースの方が多いかも知れません。でも、「お問い合わせ」 → 「知識習得」 は全てにおいて成り立つ公式で、今まで文章的に知っていた知識を実践に落とし込むっていう点では大いに役立っていますし、そこで得たノウハウを今度は他のお客様に使って、チャッカリ稼がせていただいたりしています。

ややこしい話だから 「あいつに聞いてみよう」、 そう思っていただけるのは財産であり、汗をかいてそれにお答えすることで、新しい知識やノウハウを学び、近い将来の収益に繋げる。

ありがたいことです。
皆さん、これからもどしどし 「僕に」 お問い合わせ下さい。

  ← この花火、1日1回打ち上げてくれると嬉しいです!

2012/7/27 フォアードの資質

(水上 wrote)

いよいよ始まったロンドンオリンピック、サッカー予選では、男女 (順番的には、女男?) 共に初戦に勝利、オールジャパンを鼓舞する好発進だと感じてます。

女子は難敵カナダに2−1、男子は何とあのスペインに1−0、夢のような話ですが、それぞれの勝ち方に関しては少し差がありました。

女子は順当、男子は物足りない・・・感じ。

男子の試合には、本当にヤキモキさせられました。
あのシュートの外し方は、尋常じゃな〜い!

1点を先制し、相手に退場者が出た後に、「もう絶対」 っていうチャンスが5度ほどはあったと思いますが、ちゃんとゴールの枠に行ったのが1回だけで、他は枠にすら入らず。もう1点入っていれば相当楽に見ていられるのに、嫌味を言うと 「最後まで楽しませてくれる戦いぶり」、これはいただけませんね。

「ジャパンのストライカー不在」 は言われて久しいわけですが、最近のフル代表では本田・香川・岡崎・前田あたりの得点感覚に優れた選手が出てきていて、もうすっかり払拭されたように感じていたんです。

でも、まだまだでしたね。

僕的には、永井のシュートの下手さは覚悟していました (彼には違う面で素晴らしさがあります)が、フル代表でも活躍してる清武は軽く決めないといけません。

で、ここから持論です。
フォアードにはキック力は要らない・・・って思ってるんです。

フォアードには、キーパーの取れないところにボールを持って行く、言い換えるとボールをそこへ「流しこむ」 技術だけが必要だって思うんです。

そしてそのためには、最も緊張するであろうシュートの場面で、身体が硬直せず逆に力が抜けないといけない。で、これこそがフォアードに必要な資質であり、強いキックを蹴る能力は、全くと言って必要ない。

僕は人に言える程サッカーを見てきた訳じゃないんですが、昔見た74年ドイツ・ワールドカップ時のゲルト・ミューラーとか、2002年日韓開催の時の大五郎ロナウドなんか、まさにそんなタイプのフォアードでした。

彼らには、豪快なシュートってほとんどなかったんです。
コロコロ転がすようなシュートばかりでも、それで充分なんです。

今の男子の代表選手達より、なでしこの澤・宮間・川澄あたりの方が、余程この 「ここぞで緩む」 資質を持っているように感じるのは、僕だけでしょうか?

とまあ素人が偉そうに書きましたが、何はともあれ快勝です。この勢いで、大きな夢の達成に期待しましょう。

  ← この花火、1日1回打ち上げてくれると嬉しいです!

2012/7/26 オリンピックと高校野球

(水上 wrote)

サッカー、男女共に好発進ですね。この件については、明日書きたいと思っています。

さて、オリンピックに限らずですが、開会式とか閉会式があんまり好きじゃないんです。僕にとっては試合が全てであり、ここでの派手なパフォーマンスには、ほとんど興味が湧きません。

とまあ僕がどういう考えであれ、もちろん大会としては必ず行われる儀式な訳です。であるならば、せめて選手に負担は掛けないようにして欲しいと思うんですね。

で、オリンピックにおける 「全員に参加を強要はしない姿勢」 とか、今回のサッカーのように 「開会式前に予選を始める」 っていう柔軟な考え方は評価してます。

逆に最低なのが、日本における高校野球の全国大会 (いわゆる甲子園) です。

全選手に、開会式への参加を強要するんです。

なのに、開会式後の最初の試合まで、長いところだと1週間以上待たせるんです。

アマチュア、しかもまだ親のスネを囓っている高校生のチームが47、総勢で800人程しか集まらない大会なのに、世界中から1万人以上が参加するオリンピックより開催期間が長かったりするんです。

これ、変だと思いませんか?

これって、全て甲子園1カ所開催の弊害です。このブログではもう何回も書いてきましたが、甲子園1カ所での開催にこだわるあまりに、大会期間を短くできないんです。で高野連は、アマチュアである高校生並びにその保護者に、資金的にも体力的にも大きな無理をさせているんです。

資金面は紹介するまでもないので、体力面という観点で1つの事例を書きます。

今、大リーグで松坂投手が故障明けで苦しんでいますよね。彼はまだ31才、昨今の例ではこれから円熟味を増していく年齢です。しかし、大リーグ移籍後の彼は、度重なるケガに泣いています。

彼は、甲子園の優勝投手です。高三の時には、あの暑い暑い夏の甲子園で数連投していました。延長戦になり250球ほども投げた翌日に、腕にテーピングをしてマウンドに立ったこともあります。

当時、僕はその姿を見て涙が出ました。

感動したのではありません。将来の故障に繋がりそうで、心配で涙が出たんです。彼ほどの才能を持った選手が潰れてしまうんじゃないかと、心配で涙が出たんです。過去に甲子園で潰れた選手を一杯見てきたので、心配で心配で涙が出たんです。

1つの球場しか使わないと、最大で1日4試合しか消化出来ません。当然1・2回戦は大きく間延びした日程になります。そして全体の日程を延ばさないためには、逆に疲れが溜まってくる3回戦以降の日程が非常にタイトになる。

しかし、優勝争いをしているチームで、控え投手に弱みのあるところは、エースを変えることが出来ない・・・

必然的に、日本を代表する好投手たちが、日本中の注目の中で、無理に無理を重ね疲弊していく・・・

あの時の松坂が、まさにそうだったように思います。そして、今の松坂を見ていると、あの時の僕の不安が的中したように思えてならないんです。

高野連は、オリンピックの柔軟性を見習うべきです。
同様に、高校サッカーを始めとする他団体の運営方法を見習うべきです。
つまり、簡素な開会式後に、4〜5球場を使って一挙に1・2回戦を行うべきなんです。
甲子園はベスト8から使えばいいんです。
大会後半の試合日程こそ緩くしてあげるべきなんです。

とまあ僕がこのブログで何回叫んでも、何の意味もないでしょう。

今僕は、日本よりは涼し目のイギリスでの試合を見ながら、「8月半ばの日本よ、せめて涼しくなってくれ」 と願っています。

 ← この花火、1日1回打ち上げてくれると嬉しいです!

2012/7/25 日常

(水上 wrote)



散歩中の1枚です。
近所の普通の風景です。
グラン師匠 & 助手ジュッテ、僕が何故ここでリードを離したのか少し悩んでます。

後ろの雑草地は、以前は田んぼでした。それを証明するように、隣の田んぼでは種類は分かりませんが 「稲」 が青々と茎や葉を伸ばしています。

それが、休耕田になりました。

この場所、春先はほとんど何も生えてない土の広っぱみたいな感じだったんです。でもたった3ヶ月ほどで 「この様」、写真の撮りようではジャングルみたいに見えるかも、なんて思います。

で僕は、この管理されていない状態に、一方では 「逞 (たくま) しさ」 を感じ、また一方では 「儚 (はかな) さ」 を感じます。

ただそれだけの話です。

師匠たちは、僕に生き方に関する色々なことを教えてくれています。少し大袈裟に感じるかもしれませんが、人に比べて短め (であろう) 彼女らの生涯に関わることで、僕は結構勉強出来ているように思います。

と同時に、彼女らとの散歩も、日頃見落としている多くのことを、少しユックリとしたリズムで僕に見せてくれているような気がしています。

  ← この花火、1日1回打ち上げてくれると嬉しいです!

2012/7/24 風が吹いている

(水上 wrote)

いよいよロンドンオリンピックが、目の前にやってきました。そして、いきものががりの 「風が吹いている」 を耳にすることが多くなりました。

それにしても、ボーカルの子歌上手いねぇ (名前知らない・・・、はは)。伸びやかな声、ハッキリした滑舌、最近の女子の中では図抜けてるような気がします。ちょっと低めの鼻も愛嬌、まさにオリンピックに相応しい歌声だと感じています。

実は僕、ノドを絞って歌うタイプの女性歌手が苦手なんです。例を出すと、スピードの何とかさんとか、浜崎何とかさん、安室何とかさんとか、エブリリトル何とかさんみたいな歌い方が、耳障りに感じるんです。

で、逆にいきものがかりの子の声質が凄く気持ち良くて、おまけに歌唱力も申し分なくて、タイプは違いますが、全盛期の岩崎宏美に匹敵する実力だと思ってるんです。結婚や出産もしながら、このままもっともっと高みへ登って欲しいと願っています (まあ、それにしても最近の歌手、ほとんど名前知らない)。

さて話は変わって、皆さんにとってのオリンピックの歌と言えば、

僕の中では、

3位 北京  ミスチルの 「ギフト」
2位 アテネ ゆずの 「栄光の架橋」
1位 札幌  トワエモアの 「虹と雪のバラード」

♪ 虹の〜 地平を〜 歩み出て ♪♪

日の丸飛行隊にジャネット・リン、まあこの曲には勝てません。

そして、僕の中でのオリンピックの思い出深い名シーンは、

5位 カルガリー  男子スケート500M黒岩彰銅メダル
4位 ミュンヘン  男子バレーの日本金メダル
3位 ロサンゼルス 柔道での山下の金メダル
2位 北京     男子100Mでのボルトのゴール前
1位 メキシコ   ビーモンの走り幅跳び 8M90

当時僕は8才でしたが、ビーモンが記録を出したシーンを今でも覚えていて、この時の影響で、スポーツ観戦好きになったと思っています。

さあ、ロンドンでは、どんな名場面に出会えるんでしょう。
きっと、歴史に残る名シーンが、ロンドン生まれるんでしょうね・・・。

♪ 寒い風が吹いている〜 オヤジはここで生きていく〜 ♪♪

  ← クリック花火、ドッカ〜ン!

2012/7/23 大誤算

(水上 wrote)

ゴルフの4大メジャー大会の1つ第141回全英オープンは、42才アーニー・エルスの大逆転勝利で幕を閉じました。

3日目終了時点で首位アダム・スコットとは6打差、というか最終日の前半9ホールを終わった段階でも6打差もあったのが、最後の最後の9ホール (サンデー・バックナインと言います) で1打逆転。長いゴルフの歴史上でもそうはない展開に、ゴルフの母国イギリスも大騒ぎといった感じです。

この試合、エルスはこの最後の9ホールで4アンダー、一方のスコットは残り4ホールを全てボギーとし逆に3オーバー、スコットにとっては悪夢というかまさに大誤算・・・

って流れで、今日のタイトルが 「大誤算」 になってる訳じゃないんです。

両者のみならず、参加した全ての選手が自分の持てる力の全てを出し切った4日間であり、結果は結果、運不運も含めて全てがゴルフです。それを悪夢とか大誤算なんていう 「ありきたりな」 言葉で語るつもりは毛頭ありません。

実は、日曜日は朝6時から地区の奉仕作業がありまして早起き、その後水害のボランティアに行き、夜は吹奏楽のコンクール観賞と続いて、結構忙しかったんです。

で、ゴルフを見始めた頃には既にヘロヘロしていて・・・

こんな時、普通なら念のためにビデオ録画するんです。でも、たまたま帰ってきた娘がどうしても録画したいのがあるってんで、メインのテレビは譲って寝室のテレビでやろうとして・・・

どうも見ながら撮ろうと思いつつ即撃沈したみたいで、気が付いたら朝。しかもスコットの楽勝だと思ってたらスコッと負けていて優勝が予想もしなかったアーニー・エルス、思わず 「アニ〜?」 って叫んでしまいました、ハハ、ハ〜。

しかもしかも、気を取り直して予約したゴルフネットワークの再放送が、あろう事か撮れてないという大チョンボ!! 

もう悪夢というか大誤算・・・

ああぁ・・・

誤算15〜! と意味不明に叫ぶ52才なのであります、涙。

  ← クリック花火、ドッカ〜ン!

管理者 水上大哉
グラン師匠&助手ジュッテ
    

3名の執筆陣 
  CFP(R)認定者 水上大哉
 犬好き・パン好き かよさん
 大阪生まれ かなえちゃん

ご意見・ご質問はコチラへ

カテゴリー
最近の記事
               


最近のコメント


リンク
過去の記事
このブログの検索
others
mobile
qrcode