2011/12/31 2人と2匹

(水上 wrote)

今年は、子どもたちが生まれてから初めて、親子別々に年越しを迎えます。

今日、2人の娘たちは下の娘の金沢のアパートで年を越して、明日の朝お目当ての初市で福袋をゲットしてから帰宅するとの事で、この後勝手に盛り上がるんでしょうねぇ。

という訳で、僕ら夫婦は、2匹の犬たちとマッタリとテレビなんか見ながら過ごそうと思ってます。

幸いにも、ついさっき (午後4時半頃) 年賀状も出し終えましたし (と、ちょっと胸を張る)、心置きなくユックリ出来るんですね〜。

では、皆さん良いお年を。

人気ブログランキングへ

2011/12/30 仕事

(水上 wrote)

今年も残りたった2日ですが、されど2日でした。

と言うのも、今日の午後、ご紹介いただいた新規のお客様のご契約をいただいたからです。

我々営業マンにとって、新しいお客様というのは 「薬」 というか 「栄養源」 というか、生き甲斐を感じさせていただける大変有り難い存在です。この暮れも押し迫った段階で、この様な幸運があると、「来年も頑張ろう」 って素直に思えます。

自営業者は年中無休、それも良いななんて思った1日でした。

人気ブログランキングへ

2011/12/29 大いなるマンネリ

(水上 wrote)

誰にとっても忙しい12月ですが、僕の場合もまさに「目が回る」 って感じで、例年仕事だけじゃなく色々な用事が入ってきます。(もちろん、忘年会って楽しいのもありますが・・・)

加えて、12月には 「2つ」 どうしてもやらないといけない用事があります。

カレンダーを配って、年賀状を書く・・・

今年も、450枚のカレンダーを配りましたし、700枚ほどの年賀状を書きます(過去形じゃないところが微妙・・・はは)。

心の中では 「マンネリだよなぁ」 って思いながらも、カレンダーをお持ちする事でその方の状況変化が分かるっていう効果はありますし、そもそも喜んで下さる方が大勢います。また年賀状も、書く事で自分の身が引き締まる気がします。

マンネリと言える2つの行動ですが、「されど」 なんて形容詞を付けてもいいかな、って思ってる次第です。

PS
問題は、未だ過去形に出来ない年賀状です・・・

年賀状は、本来新年を迎えた思いを書いて送るものですから、いっそ年明けに書こうか、なんて弱気になってたりもします、とほほ。

人気ブログランキングへ

2011/12/28 生涯現役

(水上 wrote)

プロゴルファー杉原輝雄さんが、お亡くなりになりました。

僕は、プレーは凄く下手なんですが、ゴルフの試合をテレビ観戦するのが昔から大好きでして、見始めた頃からトッププロとして活躍し続けた杉原のオッサンの死には、ちょっと思い入れがあります。

オッサンは、体が小さくてスイングがかなり変則だったので、知らない人だったらたとえ一緒にプレーしても、彼がプロゴルファーだとは思わなかっただろうと思います。

でも、あれだけ独特なプレースタイルであれだけ勝ったわけですから、そこには相当な努力があったんでしょう。

そんな個性派が生涯現役を公言し、実際に最後の最後まで 「過去」 にならず74才までプレーし続けた訳ですから、改めてオッサンの類い希な精神力と、スポーツとしてのゴルフの素晴らしさに感じ入ります。

と同時に、現役バリバリだった頃を知っている人たちが、引退したりお亡くなりになったりするのを見聞きする事で、自分の残り時間を考えたりもします。

もちろん、ゴルフの上達も、我が人生の向上も諦めてませんけど。

人気ブログランキングへ

2011/12/28 外へ

(水上 wrote)

ビデオ録画してあったNHKBS 「人類進化 はるかな旅」 という人類の歴史を検証する番組を、今日見終えました。

その中でグレートジャーニーの話が出てきて、アフリカで生まれた我々の祖先は、一定の進化を遂げた後移動を開始し、5万年掛けて5万キロメートル離れた南米の先端にたどり着いたという話が出てきました。

1キロ/年って移動速度になる計算です。

さて話変わって、一昨日日頃お世話になっている製造業系中小企業の若手経営者の方と、お酒を呑んだんですが、その際彼は 「今こそ日本の若者たちは海外へ出るべきだ」 というお話を強調されておられました。

ご自身の会社は中国に太いパイプがあり、タイ・カンボジアあたりも視野に入れて常々チャンスを窺っているという状態ですし、何人かの友人が海外 (主にアジア) で頑張っておられるのと比較して、若者たちが国内で派遣やアルバイトなどの安い賃金に甘んじているのが不甲斐なく、海外にチャンスを求める人がもっと出てきていいと思うという論旨です。

そして最後に、「もちろん骨を埋める覚悟が必要だし、逆にもし失敗しても、若いんだから戻ればいいだけだし」  なんて付け加えておられました。

明治以降、ブラジルに大量に移民したり、満州に夢を求めたり (僕の祖父さんも朝鮮で一旗揚げようとして挫折した口です)、アメリカに渡ったりと、実に多くの日本人が海外にトライして来たのに、最近不景気を叫ぶだけで草の根レベルでのそんな話をあまり聞かないのが残念なんでしょう。また、史上まれに見る円高で、一定のお金を持って海外に出るには最適だ、今しかないという考えなんでしょう。

今、海外は時間的にはすぐ近くにあります。しかも、僕らは1キロ/年を厭わず新天地を求め続けたた遠い遠い祖先の末裔です。

「求める者の未来は、常に明るい」

ちょっとそう思えました。

PS
現状、自分の職業としては海外に出にくい僕ですが、「お金」 だけは海外にそれも新興国に行かせています。

僅かな金額ですし、今のところ稼いではくれてませんが・・・

人気ブログランキングへ

2011/12/26 新幹線

(水上 wrote)

本日、北陸新幹線の敦賀までの延伸が正式決定になりました。計画案が出てから実に38年 (だそうです)、冬真っ盛りの福井県に早くも春が来たような盛り上がり、って感じなんでしょうか?、感じなんでしょうね。

実は、僕は飛行機よりも新幹線、在来線よりも新幹線って感じで、昔から新幹線が好きなんです。で、今住んでいるすぐそばに南越駅 (って名前になる予定) が出来て、そこが始発駅になるかもしれないって話が以前からあったので、それだと自由席で東京まで行けるな〜なんて悦に入っていたんです。でも、その後話は一向に進まず、やっぱり幻かという感じで諦めていたんです。

それが色々な理由で急に盛り上がって、今回 「14年後に敦賀まで」 という正式決定になった訳ですが、とは言え本当に出来上がるのがいつの日になるかは分かりませんし、もっと言うと、この分のお金国はちゃんと出せるの? っていう心配もついて回ります。

ただ、生きてる間に1回は乗りたいっていう夢が出来たので、それを目標に65才までは生きられそうな予感がしています、ははは。

PS
それにしても、今回の決定は 「国にお金は無いけどまず造る」 って事になりますし、完成後の需要予想も出来てるのか甚だ怪しい感じもあります。

喜ぶのは、族議員と土建屋さんだけで後の事は知らな〜い、なんてならないよう、国や市町村だけでなく、沿線住民として我々一人一人がしっかりビジョンを描く必要があると思います。

そうしないと、将来子孫たちから 「北陸新幹線」 の延伸は、あまり 「感心せん」 事業だった、なんて言われそうです。

人気ブログランキングへ

4人だけのクリスマス・・・

 福井にきて、娘たちが生まれてから去年まで、
我が家では、家族だけのクリスマス会はしたことがありません

と言っても、寂しいクリスマスと言う事ではなく・・・

毎年、クリスマスは旦那の実家のお父さんとお母さんを
我が家に招待してのパーティーだったのであります

子ども達が、小学生くらいになった頃からは、
お兄さん家族も呼んで、
大人数でのパーティーを毎年毎年行っていました

大人数の接待ということで、とっても大変だっだけど
子ども達も楽しみにしていたし

その一週間後には、それ以上に
実家へ行ってご馳走になり、接待していただくので・・・
私も一生懸命、頑張ってました

でも、去年あたりから、娘たちの部活やらなんやらで、
お互い予定を合わせるのが難しくなり・・・
とうとう今年は、やめることになりました。

私たち夫婦は、このクリスマス会が、
唯一旦那の両親への親孝行
と考えていたくらい・・・・
他でお世話になりっぱなしなので
何もなしなんてことは考えられず・・・


今年は、お父さんとお母さんと私たち夫婦で、
クリスマスランチを食べに行きました。

ちょっとしたプレゼントも喜んでもらえて・・・
良かった〜

でも、その、何十倍も、たくさんの
上の娘の大学合格お祝いと

クリスマスプレゼントを頂いちゃいました・・・

結局・・・・やっぱり・・・・
お世話なりっぱなしの私たち夫婦です

本当にありがとうございます。
感謝するたび、迷惑かけていそうですが・・・・
来年も元気で
そして・・・
少しですが、親孝行させて下さい


で、今年の我が家は・・・
家族4人だけのクリスマスパーティー〜
チーズフォンデューとチキンと
ゆっくり話もできて、
楽しいパーティー
・・・だったような・・・


来年は、ここに、お姉ちゃんがいないかも
と思うと・・・

う〜
さびしいよ〜


人気ブログランキングへ

2011/12/25 されどスピード

(水上 wrote)

僕は、体操やシンクロナイズド・スイミングなどに代表される 「審判の主観で点数評価する」 「スポーツ」が、基本的に好きではありません。

好きと公言しているボクシングやスキー・ジャンプなどに関しても、判定の方法を変えて欲しいとか、飛型点を廃止して欲しいとか思ってしまうんですが、一応こちらはその部分には目を瞑って見ています。

こんな事を書いていると、僕が芸術嫌いの人間のように感じるかもしれません。

でも、それは違います。我が家の娘は2人ともクラッシック・バレエをやっていましたし、吹奏楽などの音楽も大好きです。ただ、主観に左右されるものは、あくまでも 「芸術」 的であり、「スポーツ」 には似合わないと思うんです。

ついでに言うと、正式な試合中なのに、観客が途中で花束を投げ入れて試合進行を妨げる行為なんて、スポーツではあってはいけないと思うんです。あの芸術オンリーのバレエでも、コンクールなどでは実に厳粛に行いますからね。

さてさて、そのあまり好きではないグループの代表格であるフィギュア・スケート女子フリーを、フィギュア大好き派のかよさんに付き合ってテレビ観戦しました。

で、主観とか点数とかいう話は別にして、1点大変気になったのが、優勝した浅田のスピードの無さでした。

これは前回のオリンピックでも指摘されていましたが、金メダルのキムヨナと銀の浅田の最大の違いが、このスケーティング・スピードでした。キムヨナは大変速かったですし、浅田は極端に遅かった。

で、オリンピック後、浅田はその部分をかなり強化したと聞いていましたので、僕はその点に注目して見たんですが、今回も実に遅く感じました。これはプログラムがユッタリだからという問題ではなく、オリンピック時点からの積み上げが無いように見えました。

まあ、それでもあの 「高さ」 のジャンプが出来るんですから、基本的なバネは素晴らしいものを持っているんでしょうが、より 「遠く」 へ飛ぶ迫力は不足していると感じましたし、スピンに関しても回転が遅すぎます。

これって、何かモーグルの上村に似ていて、スピードの里谷が金メダルを持っているのに、技術に長けた上村が毎回メダルに手が届かない理由も、そのスピードに原因があると僕は思っています。

浅田もファンもトリプルアクセルに拘り過ぎです。問題は、回転数よりも高さに飛距離を含めたジャンプの迫力だと思います。浅田は、今後1年ぐらいスピード練習だけをして、その後オリンピックへ向かうという長期シナリオで行ってももおかしくないと思います。

一時休養中のキムヨナも、次のオリンピックには合わせて戻ってくるでしょうし、他にもオリンピックイヤーに調子を合わせてくる強豪選手がゴロゴロいるはずです。この中間年の大会で、中高時代には軽々飛べていたトリプルアクセルが飛べない事を気にしているのでは、進化がありません。

浅田には、もう少し筋力 (体重) とスピードをアップして、ニュー浅田・大人の浅田として2014年にピークを持って行く戦略が必要だと思いますし、今のままではメダルはおろか国内代表もおぼつかないような気がします。

人気ブログランキングへ

2011/12/24 ケーキの話 (景気の話ではありません)

(水上 wrote)

娘が2人ともキリスト教系の幼稚園に通った、というのだけが、我が家で 「クリスマス」 を祝う尤もらしい理由と言えるかもしれません。

と、まあこの程度の思い入れなので、我が家のクリスマス・イベントは 「ケーキを食べる」 ぐらいになってしまう訳ですが、今年は諸般の事情で2種類食べることになりました。

ハッキリ言います。

どちらも、大変美味しゅうございました。

で、思い出すのが、昔々子どもの頃に食べていたケーキの事です。

まず表面のクリームが、バタークリームって言うんでしょうか、妙にコッテリしすぎていて不味い。中のカステラは、とってもパサパサしていて不味い。で、何か仁丹みたいな色の付いた玉が、ところどころに貼り付けられていて、これもまた変に不味い。

ってな感じで、もう良いところ無しだったですよね。

でもね、そんな不味い不味いケーキでも、当時は 「これこそがケーキだ」 と思い込んでましたから、小学生だった頃まではとてもワクワクして食べたような記憶があります。

知らないって、悪い事ばかりじゃありませんよね。

僕、あまりにも多くの事を知りすぎました。
賢くなったとは思いませんが・・・。

メリー・クリスマス!

人気ブログランキングへ

2011/12/23 stay hungry,stay foolish

(水上 wrote)

珍しく家でお酒を飲み、その後クリスマスケーキを食べたので、ウトウトしながらでしたが、先日亡くなったアップルのジョブスさんの番組を観ました。

「stay hungry,stay foolish 空腹であれ、愚かであれ」

彼の残した言葉です。感じ方は人それぞれでしょうが、僕はグッときました。

人生の前半で、こんな風に考える事は容易だと思います。背負うものが無く、未来も長い期間広がっているように感じますからね。でも、一定の年齢になり、家族が出来、自分の才能の限界を感じたり、残りの人生を計算し出したりした時、大部分の人は、空腹でも愚かでもいられないと思い、守りに入ります。

こう言い続け、実際そう行動し続けた彼は、それだけで偉大なのか? 成功が伴ったから偉大なのか? どちらであれ、一人の生き方として魅力を感じます。

さて、今の自分です。

30代以降守りに守った僕の人生でしたが、子どもたちは今大学生になり、あと数年もすれば家を出て自分で稼げるようになります。住宅ローンはまだ続きますが、大きく背負った借金も大部分返し終わりました。

もしかしたら・・・

スタンスを、「守る」 から 「攻める」 に変えるタイミングがあるとしたら、ここからの数年しかないような気がします。 「stay hungry,stay foolish」 僕に、そう考える度量があったらの話ですが・・・。

人気ブログランキングへ

管理者 水上大哉
グラン師匠&助手ジュッテ
    

3名の執筆陣 
  CFP(R)認定者 水上大哉
 犬好き・パン好き かよさん
 大阪生まれ かなえちゃん

ご意見・ご質問はコチラへ

カテゴリー
最近の記事
               


最近のコメント


リンク
過去の記事
このブログの検索
others
mobile
qrcode