2010/2/27 律速段階は・・・

先日、ある 「士業」 事務所のお客様を訪問し、組織の在り方についてお話しをお聞きする機会がありました。訪問する度に、その事務所の室内や机上の綺麗さ、ITを駆使した仕事ぶり、対応の清々しさみたいなものに感心していたんですが、以前からそう出来る理由をお聞きしたいと思っていたので、ようやく念願叶った気持ちでした。

その事務所は、初代の方がお役所を辞めて15年ほど前に開業されたのですが、いち早く補助職員や事務職員を入れ業績を伸ばし、約10年後には早くもトップ交代をされています。今回は、初代・2代目お二人の代表者の方に別々にお話をお聞きすることができ、色々学ばせていただきました。

まず初代の方からは、職員さんに仕事を委譲することの大切さや、売り上げが伸びなくなったらそれはトップの責任であり、そのような場合速やかにトップ交代出来るような組織にすべきだというお話をお聞きしました。ご自身もそれを実践され、今や2枚看板でお仕事をされることで飛躍的に業績を伸ばし、さらにその次の方も育てようとされている感じで、スピード感に驚かされました。

2代目の方からは、事務処理の進め方やパソコンをどう利用するか等、実践の部分を中心にお聞きしたのですが、この不景気な中、何が稼ぎになるかの嗅覚みたいなものが初代の方と少し違っている感じで、お互いが相乗効果を発揮されていることが分かりました。ただ共通するのは、お二人ともスピード感を重要視されていることで、それはお話しの中からひしひしと伝わってきました。

翻って我が社は・・・?

僕は仕事量が多い事をいつも嘆いているのに、社員さんは時に手待ちになる事がある。
僕の前には書類の山があるのに、社員さんはそれを片付けたくても手出しできない状態。

つまり我が社の場合、 「律速段階」 が 「僕」 になっているにもかかわらず、その僕自身に仕事を委譲する能力が欠け、さらに仕事量の多さに酔っている節のある事が問題の本質だと分かりました。また、トップがこんな状態では、例えさらに人を入れても、それはコストパフォーマンスを下げるだけで、仕事の効率化には繋がらないという予想も立ちました。

明日からは、まず権限委譲を!
全ては、僕の意識改革に掛かっているようです。

2010/2/26 新人類スケーター

女子フィギュアスケート、しっかり見てしまいました。お昼にPTA関係の会議があったんですが、他の皆さんが会議そっちのけで食堂のテレビに釘付けになっているので、この手の競技があまり好きではない僕も思わず見入ってしまいました。

それにしても、日本国民のアイドル浅田真央と、韓国国民の妹キム・ヨナの対決は、実に素晴らしかったんじゃないかと思います。2人の勝ち負けに関しては、皆さん色々思いがあるでしょうからコメントしませんが、僕はメダル争いとは別の2つの分野での 「勝利」 を味わいながら2人の演技を見ていました。

1つめは、アジア vs 欧米 での勝利です。

昔、伊藤みどりがカタリーナ・ビットと戦っていた頃は、本来戦ってはいけない人を相手にしているような気がしたものでした。渡部絵美の時も似たような思いを持って見ていました。

でも今回の2人は、ハッキリ言って体型でも欧米選手に優っていたと思います。手足の長さ、線の美しさ、しなやかさ・・・。アジアはあらゆる意味で欧米を抜きつつある、という確信と誇らしさのようなものを感じました。

2つめは、プレッシャーに負けない という意味での勝利です。

浅田真央は演技終了後に 「自分の滑りが出来なかった」 というコメントを残していたようですが、僕から見ればプレッシャーを感じさせない異次元の滑りに見えました。これは前回金メダルをとった荒川静香の演技と比べても比較にならないほどのレベルと内容だったと思います。キム・ヨナに至っては、プレッシャーなど存在しないとでも思っているようで、実力通り (実力以上) の出来映え。コメントのしようもありません。

2人に共通していたのは、「プレッシャーは、掛かれば掛かるほど良いのだ」 と感じさせてくれたことです。これは、ビットや荒川からは感じられなかった部分で、僕は平成生まれの図太さのようなものかなと思いました。キム・ヨナを平成生まれと表現するのは少し変ですが、彼女ら2人は明らかに他の選手と一線を画していたと思います。新人類という言葉がピッタリかな、と思いました。

女子フィギュアスケート界は、偶然にも同時期に2人の素晴らしい才能を見出しました。今後しばらくこの様な素晴らしいライバル関係は出てこないだろうと思います。この2人には、それ程に突出した才能を感じました。

PS
もしフィギュアスケートに団体戦があれば、男女とも日本が金でしたね。

2010/2/25 ネット・ワールド

昨日の日経新聞一面で、書籍通販で有名なアメリカのアマゾン・ドット・コム社において、昨年末段階で 「電子本」 配信による売り上げが 「紙の本」 通販による売り上げを上回った事実を知りました。そして、その記事を出した日経新聞が、3月から自社新聞の有料電子版を出す事が、今日の一面に載っていました。

現在、新聞社は当然自社のニュース速報的なページを持っていて、無料で見られるようになっているわけですが、今後は料金を払った者のみが見られるページ作りに挑戦することになりました。この流れは、ほぼ同時にアメリカでも始まるようで、先日確かニューヨーク・タイムスがネット上で課金するような話が流れていました。

電子書籍の端末には、現状のスペックでも万冊単位の内容を保存することが可能であり、ネット新聞に至っては情報量は無限と言っても過言ではありません。そんなものが、格安の料金で手に入ってしまう世界・・・。

そこには、まとめて印刷する概念がありません。紙ベースのチラシが入りません。まちの本屋さんが要りません。配達する人も不要です。無くなるものだらけです。

でも、入手のし易さがあります。検索という概念があります。エコがあります。

これからは、ますます商売しにくい時代になりますねぇ・・・。
でも、個人として見れば良い時代なのかもしれません・・・。

そんな世界をどう泳いでいくのか? WWWの世界でネットサーフィンばかりしていないで、ネットのどの辺りを漂って、何で稼ぐのかを考えなければなりません。

さし当たって、このブログを有料に・・・全くもって、トホホな発想ですね。

お試しか?

先日、Hおねぇと生活必需品( 潤いがないなぁ〜(-_-) )を買いにあちこち回っていた時、
見つけちゃったんだよねぇ〜ひらめき



これ!

一応、ミッキーだし、サイズもOKみたいでイヒヒ
ベッドで寝たこと無いのに お高いのは冒険だし・・・。
ってんで 今までなかなか買えなかったベッドラブ

499円で、げっちゅー しました。


さぁ〜〜〜〜 問題はこの中に収まるか! だわさ


まずは、サークルの中じゃ無理だろうってんで、
おねぇ二人がかりで 入れてみるも 即、脱出プシュー
何回かやってみたけど、やっぱり脱出プシュープシュープシュー
499円 無駄・・・撃沈

取りあえずサークルの中に入れときましょ。( かすかな期待ピピピ


夜です。


歯磨きを済ませました。( 歯磨きについては、また ご報告しますねチョキ ) 



おっびっくり 収まってる!!


グラン、ねむねむでしゅ ( 満更でも無いご様子イケテル

しばらくすると


丸まってるぅ〜拍手 やったね! お試し 大成功イヒヒ


おてんき朝でぇ〜すおてんき


お目覚め、いかがおはな ??? ほげぇ〜〜〜 ???

この日から、自分でベッドの中に入って寝ちゃってるグランですOK



「詰め放題!」にはまる!!

昨日は朝一から、先日お話ししたショッピングセンターの
閉店セールに行きました。

下の娘の中学入学準備品などで、欲しい物もあり、
出勤前のわずかな時間に、走りました。汗

なんとか、お目当ての物は全部買うことができ、
帰ろうと思った時・・・

目に入った「詰め放題コーナー!」ラブラブ

(全く予定外の買い物ですが・・・
 ちょうど、きらしていた海苔のパック・・・汗

時間が・・・

でも、なんとかギリ間に合いそうだったので、
ちょっと頑張ってみることにたらーっ 

帰ってきてテーブルに出してみると、



18袋!!拍手(これで、300円チョキ
娘には、「すごい!!」って言われたけど・・・

やっぱり、もう少しいけた気が・・・・
なんだろ?このちょっと悔しい気持ち・・・

たくさん詰め込めば詰め込むほど、お得感を感じ、
もうこれ以上は無理!ってとこまでいった時の爽快感!!
詰め放題はストレス解消にもなりますよね〜(笑)

次回はもっとたくさん詰めるで〜!!

2010/2/24 一面の価値

新聞の一面の右上、その新聞の名前の下には通常の場合広告が載っていますよね。僕は、このスペースの広告のことを勝手に 「ステータス広告」 と命名していて、単純に出したいから出せる代物ではない、選ばれた広告主が出す広告だと思っています。

ここ1年ほど、福井県下で1番のシェアを持つ地方紙のステータス広告を見続けてきて、僕には気になっていることがあります。

ステータス広告の広告主さんが、極端に偏っているんです。
ほとんど (恐らく全て) が、税理士事務所さんか開業医さんなんです。
これって、果たして正常なんでしょうか?

僕の愛読している全国紙は 「日本経済新聞」 1紙だけなんですが、ステータス広告の広告主さんとしては、各種メーカーからコンサル会社金融機関とバラエティーに富んだ企業さんが並んでいます。

この事から推察すると、この福井の地方紙が別にメーカーや金融機関なんかを嫌がっているのではなく、恐らくいつの間にかこうなってしまっただけなんだろうと思います。

でも僕は、この事実を大変な問題だと思っていますし、とっても淋しく感じていますし、これが福井の (というか、地方の) 弱さの現れのような気がしています。

外からお金を持ってくる企業が、全く出していない・・・。

税理士さんやお医者さんは、自分でお金を生み出せるお仕事ではありません。まず税理士さんの場合は、顧問先がリスクを負って稼いでくれ顧問料を払ってくれるお陰で、自分たちも食べていけます (これは我々保険屋も同じような位置付けです)。またお医者さんの場合も、自分で患者さんを作り出すことは出来ませんし、そのお医者さんの治療行為による収入で、その地域全体が栄えるというほどの経済効果は望めません。

その地域でお金を稼ぎ出し経済を回しているのは、メーカーさんであり、お店で販売をされている方であり、農林水産業をされている方であり、その他実需を生み出している方々です。

今の福井では、こんな企業さんにステータス広告を出す余裕が無くなっているように見えてしまいます。また新聞社側も、ステータス広告の広告主には、不安定な一般企業よりも、安定している税理士さんやお医者さんが無難だと考えているように思えます。

すいません、ちょっと誤解を招く表現になりました。僕は、今ステータス広告を出している方々を批判しているのではありません (羨ましくは思ってます)。しかし逆に、この新聞社の姿勢には批判をしているつもりです。

福井にも大手企業はあります。ユニークな活動をされて高収益を挙げているメーカーさんやお店もあります。そんな企業さんにお願いして何社かがこのステータス広告を出してくれると、福井の経済界も盛り上がるし、僕の気持ちも晴れやかになるような気がしています。

誕生日♪

Hおねぇのお誕生日には、薔薇が届きます。

ここ数年、毎年贈られてくるのに
何となく忘れていて、嬉しい“ドッキリ”のプレゼントです。

ある化粧品会社からのお誕生日の贈り物なんですけど、
私へのじゃないんだけど、ほんわか幸せ気分ポッです。




そして、お勉強するAおねぇのお膝で、
一緒にお勉強する( 邪魔をするおや? )グランですラッキー

薔薇とは、何の関係もございませんので、悪しからず・・・たらーっ

ベイクドチーズケーキ作りました!!

土曜日、下の娘と二人で
初めてチーズケーキを作りました。

「初心者向けの簡単レシピ」というのをネットで見つけて・・・

ビスケットをビニールに入れて細かく砕き、
バターをいれてこね、型の底に敷き詰めます。

こんな感じ・・・



で、クリームチーズを泡立て器でなめらかにした後、
生クリームと砂糖と卵とレモン汁を加えてよく混ぜ合わせ、
その上に流しこみます。
170度で温めたオーブンで約30分焼くと・・・

こんな感じ・・・(途中、写メルの忘れちゃってたらーっ



粗熱が取れたら、3時間くらい冷蔵庫で冷やします。
型から抜き、カットしたら、

こんな感じ・・・(初めてにしては上出来?ニコニコ



レシピ通り、濃厚なチーズケーキが簡単にできちゃいました。拍手
とにかく、超簡単で初めてでも失敗なしのチーズケーキでした!!チョキ

参考までに、私が見つけた簡単レシピを・・・

材料 直径18僂隆欸殖餌

○ビスケット 10枚
○バター 40g
○クリームチーズ 250g
○砂糖 60g
○生クリーム 1/2カップ
○卵 1個
○レモン汁 大さじ1

・・・です。
ぜひ、試して下さいニコニコ

2010/2/23 昔帰り

全国のどの範囲で流されているのかは知りませんが、ある携帯会社のCMに僕の事務所の最寄り駅が使われています。



ここで使われているのは越前市と福井市を繋ぐ福井鉄道の西武生駅 (にしたけふ駅です、せいぶなま駅ではありませんのであしからず、はは) で、今は無人駅ですがCMの中では駅員さんがいたり、ストーブが焚かれたりしています。

ご多分に漏れず赤字路線で駅舎も古いままなので、イメージ的には周りに家が無く田んぼの真ん中あたりにありそうですが、人口8万5千人の越前市のかなり中心部にある駅です。

 実際の西武生駅

つい最近、この西武生駅に隣接して建っていた木造2階建ての福井鉄道旧本社建物が壊されました。整地して駐車場になるそうです。こんな古い駅舎なのに、広い駐車場が出来るんです。便利になるわけですから嬉しいはずなのに、ちょっと淋しい気持ちもするのが不思議です。

 奥の方で解体工事が進んでします

昨日かなえちゃんが、いつも利用していたショッピングセンターが、もうすぐ閉鎖になることを書いています。我がまちのシンボル的な場所がそうなってしまうのには、色々な要因があったのでしょうが、それなりに流行っていた所なので、不適切な経営管理があったという噂も流れています。この大きな建物が、ただのコンクリートの塊になってしまうのか、僕も大変心配に思っています。

廃墟・・・嫌な言葉です。

僕は、これからの日本では 「残った建物をどう始末するか」 が、大変深刻な問題になると思っています。今後人口減少が進んでいくと、劇的に空き家が増えていくのでしょうが、そのまま放置された空き家は実に始末の悪い代物です。田舎の方では、入り口の戸やガラスが割れたりして、野良犬や野良猫の住みかになってしまい、衛生や安全の面で問題が出ているケースもあります。

廃墟・・・悲しい言葉です。

僕は、自動車やテレビ冷蔵庫などで導入されたリサイクル税を建物にも導入すべきではないか、と以前から思っています。空き家を野ざらし状態で残していくのではなく、不必要な建物を速やかに再利用&廃棄壊していくために、新築時とか現在建っているものとかに一定料金を負担させるという考え方です。

要らなくなった建物を自分で壊す場合はそのお金は戻ってくる。
無人で国や自治体の管理になったような建物の場合は、プールされたお金を元に自治体で解体する。
材料をリサイクルする場合は、そのリサイクル業者にプールしたお金をあげる。

まあ、こんな感じのイメージです。

日本人は、明治維新の頃は約3000万人、昭和初期でも約6000万人程しかいなかったわけですから、ここ100年ほどで急激に建物が増えて、今後急激に余っていく可能性があります。この建物の山を何とかしないと、例え人口が昔に戻っても、この国を昔の美しい日本に戻すことは出来ないわけです。

邪魔になる建物があっても、それを順次壊していくことで、元の美しい日本が戻って・・・もしかすると、いくら壊していってももう戻っては来ないのでしょうか・・・? そんな努力は、無駄な悪足掻きなのでしょうか・・・? 誰も負担してくれないでしょうか・・・?

 解体後、ポッカリ空いた空間

建物を解体した後は、思いのほか広いスペースが出現します。先日通った福井のピアの跡地もそう見えましたし、福鉄本社跡もそうです。でも、戻してしまえば何かに利用出来ますし、利用方法が無くても広いスペースとして、少なくとも見晴らしは良いです。

あちこちに廃墟が並ぶまち、僕はそれが心配です。あちこちに廃墟が並ぶ田舎は、もっと心配です。事実、僕の生まれ故郷は急激にそんな状況になりつつあります。

この国には、残された時間がありません。

2010/2/22 競技間格差 (カーリング考)

2010年と書くと面白味がありませんが、今日は平成22年2月22日でした。午後2時22分には、2が8つで思わず 「ニヤー」 っとされた方が多いのではないかと思っています。もちろん僕はキリッと引き締まった表情でしたが・・・はは。

さて話は変わって、連日オリンピックなのであります。で、僕はスポーツイベントには黙っていられない性格なので、どんどん言いたいことが溜まって来ています。そこで、今まさに競技継続中なのですが、カーリングについて早めに書いときます。

カーリングって、何度前のオリンピックから正式種目になったのか分かりませんが、なぜこの競技種目だけに、これだけ長い日程が容認されているのかが分かりません。予選は出場10ヵ国の総当たりで、その後にベスト4による準決・決勝。時にダブルヘッダーもあるようですが、連日の長時間露出は何なんでしょう ? 先日、上村が4位になったモーグル競技の件で書きましたが、あのあまりのあっけなさと比較して、この悠長さというかこの贅沢感の差の意味が僕には理解出来ません。

参加選手が多いの ? いいえ、たった4人が出ずっぱりの競技です。

僕に言わせれば、この日程は明らかに全体のバランスを逸脱していて、他競技に対して失礼な気がします。

僕は、別にカーリングが嫌いなわけじゃないし、本橋も目黒も何か以前より綺麗になったなぁって感じで、親目線で応援もしています。何とかベスト4に残って出来ればメダルをと期待もしています。

でも、オリンピック全体のバランスから見た場合、予選は5チームずつ2ブロックに分けて行い、1・2位のチーム同士で準決・決勝を行うのが容認出来る限界だと思います。

PS
僕はずっと、カーリングはオリンピックに相応しい競技ではない、と思ってきました。今回の文章の根底にはその考えがあります。カーリングは 「スポーツ」 というよりも、いわゆる 「ゲーム」 であり、スポーツの祭典オリンピックにおいて、その競技に注目が集まることを良しとしない僕の思いです。

本来であれば、カーリングの世界選手権がこのオリンピックほどの高い注目度でとらえられ、テレビ中継などで盛り上がればいいのですが、オリンピックの時だけの注目競技になっていることが問題であり、悲しいことであり、日本のメディアの薄っぺらいところだと思います。

これは、カーリングに限らないスポーツ全体の問題ですね。

明日のスイス戦、山ですね。
頑張れ! カー娘 !! もとい
頑張れ! クリスタル・ジャパン !! 


管理者 水上大哉
グラン師匠&助手ジュッテ
    

3名の執筆陣 
  CFP(R)認定者 水上大哉
 犬好き・パン好き かよさん
 大阪生まれ かなえちゃん

ご意見・ご質問はコチラへ

カテゴリー
最近の記事
               


最近のコメント


リンク
過去の記事
このブログの検索
others
mobile
qrcode