<< 2013/12/23 「いつもの」 最終週 | main | 2013/12/25 誤認 >>

2013/12/24 フィギュアスケートに学べ

(水上 wrote)

フィギュアスケートのオリンピック代表が決まりました。

うちのかよさんだけじゃなく、ここ数日世の多くの人が 「全日本での経過」 とか 「代表選考」 に思いを巡らし、女子鈴木・男子高橋の入選に涙したんだろうと思います。マスコミ報道も含め、大変な盛り上がり方でした。

ただ、スポーツ好きを公言している僕ですが、実はあまり興味がありません。

僕は芸術性を競う競技があまり好きじゃなくて、このフィギュアに加えて、シンクロとか新体操なんかを、どうしても純粋なスポーツとして見る事が出来ないんです。

・・・って、

今日もまた僕は 「はみ出し者」 だって事を書きたいわけじゃありません (笑)。逆に、フィギュアスケート界の素晴らしさを書きたいんです。

今のフィギュアの隆盛には、目を見張るものがありますよね。今回の代表選考の注目度もそうでしたが、各大会がしっかりテレビ中継され、しかもかなりの視聴率をとっている。スポーツのコンテンツとして、トップクラスの位置付けになっている感じがします。

で、その運営について考えてみると、4年に1度のオリンピックを頂点と捉えている点は他の競技と変わりませんが、そこへ向かう大会1つ1つにしっかり意味を持たせている点に感心しますし、さらに言うと 「中間年に開催されている」「さほどでもない大会」 にまで価値を与えている点に唸ります。

その結果、数多くの選手がフィギュアスケートを 「生業 (なりわい)」 に出来るシステムを作り上げたように、僕には見えるんです。

特に日本は他国以上に盛り上がっていて、大会の入場者数においても他国を引き離している様に見えますし、スポンサードしている企業も多いように感じます。総合的なフィギュア界への貢献度では明らかに 「金メダル」 でしょうね。

これなんです。
スポーツに大切なのは、この運営のシステムなんです。

今回も、代表選手の発表自体が1つのショーのようになっていましたし、スポーツイベントとしては不要な付け足しだと思うんですが毎度エギジビションなんてものまであって、実に運営上手、つまり稼ぎ上手です。

他のスポーツ団体にとっては、見習うべきものが大変多いんですが、特にオリンピック終了後の1・2年目あたりの不活性化期間の持って行き方に関しては特に上手で、これはフィギュアの連盟を訪ねて直に学ぶべきだと思います。

その競技を強くするためにはもちろん練習も必要でしょうが、その競技のトップに近くなればちゃんと食べていけるんだという選手側の安心感が絶対必要です。

単に国の補助に頼るのではなく、各競技にはそのための創意工夫が必要ですし、その最高のモデルが今のフィギュア界だと思います。


人気ブログランキングへ  ← クリック、プ “リース”
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

管理者 水上大哉
グラン師匠&助手ジュッテ
    

3名の執筆陣 
  CFP(R)認定者 水上大哉
 犬好き・パン好き かよさん
 大阪生まれ かなえちゃん

ご意見・ご質問はコチラへ

カテゴリー
最近の記事
               


最近のコメント


リンク
過去の記事
このブログの検索
others
mobile
qrcode