<< 2013/12/21 仲良し夫婦の日 | main | 2013/12/23 「いつもの」 最終週 >>

2013/12/22 サッカーと過労

(水上 wrote)

バイエルン・ミュンヘン、頂点に!

サッカーのクラブ・チャンピオン戦が、「いつの間にか」 始まって、「いつの間にか」 終わっていました。

以前は日本で行われていたのに、今年はモロッコでの開催だったそうです。しかも日本チームが出ていないので、となると言うほど興味が湧かなくて、僕は1試合も見てません。で、「いつの間にか」 って表現になってしまいました。

それにしても、サッカー選手のスケジュールには異常さを感じます。特に、ヨーロッパで活躍し、各国の代表にもなっている選手たちのスケジュールは、ハッキリ言って異常通り越した異常さだと思います。

各国でのリーグ戦があり、ヨーロッパのチャンピオンを決める戦いがあり、その上自国に戻って代表としての戦いもあるので、1年間休む暇が無いように見えます。

しかも、アジアや中南米から出ている選手だと、代表戦のために長い移動や時差を克服しなければならないので、一体いつ身体のケアをしてるのか不思議でなりません。

来年はワールドカップの年ですが、過去の大会では、折角出場出来たのに、本番では明らかに 「燃えつきた」 ような動きの選手もいて、「きっと、疲れ切ってるんだよなぁ」 と理不尽さを感じた事があります。

そんな観点でスポーツ界を見ると、アメリカでは 「シーズン」 という考え方が確立していて、選手にきっちりオフを取らせる形で動いているので、そこら辺では一歩進んでいると感じます。

ただ、これを逆に言うと、数年に1度開催されるオリンピックやWBCみたいな大会には合わせにくくなるわけです。

でも僕は、選手の身体や心の部分を考えると、しっかりとしたオフっていうのは絶対に必要だと思うんです。

で、サッカーに戻ります。

ワールドカップまであと半年、日本代表の選手には、出来れば各国リーグと折り合いを付けて、キチッと休ませて身体と心のケアをさせることが最も大切だと感じます。

特に移籍したての本田、心配だったりします。


人気ブログランキングへ  ← クリック、プ “リース”
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

管理者 水上大哉
グラン師匠&助手ジュッテ
    

3名の執筆陣 
  CFP(R)認定者 水上大哉
 犬好き・パン好き かよさん
 大阪生まれ かなえちゃん

ご意見・ご質問はコチラへ

カテゴリー
最近の記事
               


最近のコメント


リンク
過去の記事
このブログの検索
others
mobile
qrcode