<< 2010/10/6 大人食い | main | 2010/10/7 偉大なる者たち (受賞に思う) >>

リスクと保険.10 動物との事故

田舎ではイノシシやクマ、都会でも乱暴サルの話題があったように、近年動物が人里に近づいての被害というのが社会問題になってきています。昨今の異常気象や森林開発によるエサ不足が主な原因なのでしょうが、我々人間の方に責任の一旦があるとは言え、当事者にとっては自分だけが何故? と言いたくなるような、困った問題であろうと思います。

さて、動物が人に近づけば、当然増えてくるのがその動物との自動車事故でありまして、「動物がぶつかってきて自動車が破損した」 という内容の事故案件を最近よく耳にするようになりました。

さて、こんなケースの場合自動車保険の 「車両保険」 は支払われるのでしょうか?
2つの種類 「一般車両保険」 と 「車対車+A特約車両保険」 で考えてみましょう。

保険会社の見解では 「動物は物である」 が根底にあります。よってオールリスク型である 「一般」 では当然支払い対象になりますが、 「車対車+A特約」 形態の車両保険では補償は受けられないことになります。

ただしここで 「車対車」 部分では無理だけれども 「A特約」 では支払われるのではないか? という新たな疑問が起こります。

A特約とは、盗難をはじめ洪水・高波・火事等のどちらかというと自分に否のない事故の時に支払われるという特約です。他に物体の落下・飛来という補償範囲もあり、飛び石によるガラス被害事故の時も支払いされるので、動物がぶつかってきた場合はそれが当てはまるのではないか、という疑問です。

私の調査した範囲では、走っているイノシシがぶつかってきた場合は対象外、ガケから落ちてきた (飛び降りてきた) 場合は対象という、保険会社の回答でした。

では、鳥は当然対象だとして、ジャンプした鹿は? 木から落ちたサルは? 滑空中のムササビは? モモンガは? 虫だけどモスラは?・・・なんて嫌味な質問をしたくなります。

ここまで来ると回答に窮する担当者が多く、「実際の事故事案を詳しくお聞きして・・・」 という感じになりましたが、実際その通りで、約款に照らし合わせ個々の事案ごとに検討することになります。

ちょっと話がそれましたね。ただ今回は、「一般車両保険」 と 「車対車+A特約 (エコノミーという会社もあります) 車両保険」 の中身の違いを知っていただくための一例として書かせていただきました。加入時のご参考になれば幸いです。

なお詳細は、ご自身のご加入中の保険会社・代理店にご確認下さい。

                       CFP(R) 水上大哉
コメント
生命保険の営業ノウハウを販売しております。
おかげさまで販売数も250部を突破しました。

貴ブログで販売協力をしていただけると助かります。
どうぞ宜しくお願いします。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

管理者 水上大哉
グラン師匠&助手ジュッテ
    

3名の執筆陣 
  CFP(R)認定者 水上大哉
 犬好き・パン好き かよさん
 大阪生まれ かなえちゃん

ご意見・ご質問はコチラへ

カテゴリー
最近の記事
               


最近のコメント


リンク
過去の記事
このブログの検索
others
mobile
qrcode